Yosemite

昨日、自宅のMacのOSをYosemiteにアップデートした。

Apple – OS X Yosemite – 概要

これまで、Mac OS Xには猫科の動物名が愛称として付けられてきたが、今回はガラリと変わって米国の国立公園名になった。

Windowsと違い、Macは無料でOSを最新版にアップデートすることができるので有り難い。

だが、普段使っているアプリの中には、Yosemiteに対応していないものもある。

『DNS Enabler』もその一つだ。

このアプリはMac上で内向けドメインネームサーバーを立てるものなのだが、作者のWEBサイトでもまだMarverickまでしか対応していない。

市販のアプリでは、Mac上で他のOSを走らせるための『VMware Fusion 4』が、ついにYosemiteでは動かなくなった。

こちらは最新の『VMware Fusion 7』を購入する必要が出てくるかも知れない。

OSのアップデートは無料だが、外部アプリで多少の出費を覚悟しなくてはならない。

カテゴリー: パソコン・ネット タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です