Suicaのチャージ

本日も三連休の最終日にもかかわらず、仕事で群馬県へ。

新宿からSuicaで前橋まで行ったのだが、改札機を通り抜けることができなかった。

仕方がないので改札にいる女性職員にSuicaの残高を見てもらうと、運賃が1,944円なのに残高が1,200円位しかないとのこと。

「自動チャージの設定はされていますか?」と尋ねられたので、「当然しています。」と答えた。

職員が過去の入出金履歴を調べたところ、「残高1,000円以下になった時にチャージするように設定されていますね。ここでまず300円だけ引かせてもらいますので、もう一度外から改札をくぐってください。」とのこと。

確かに今度は9,000円チャージされたので、残額の1,644円を引いてもらった。

都内で生活していると、1,000円を超えるような運賃はあり得ないので、1,000円以下になったら自動チャージするようにしていても何の問題も無かったという訳である。

遠出する時は気を付けよう。

カテゴリー: 身の回り タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です