東京風ラーメン

今日は三連休の中日にもかかわらず、仕事の関係で荻窪へ。

実査を終えた後、荻窪駅に向かう途上にお目当ての店が見えてきた。

荻窪ラーメンの一つ『春木屋荻窪本店』である。

harukiya1

荻窪は、戦後の闇市の時代にラーメン屋が自然発生した街だそうだ。

その多くは、元日本蕎麦屋だったことから、スープは煮干しや鰹を使っていることが特徴だ。

上京して35年経つが、三鷹に住んでいたことがあるにもかかわらず、荻窪でラーメンを食べるのは初めてだ。

昼前なのに、既に店の前に列ができており、並んでいる間に注文を取られた。

注文したのは中華そば(800円)と味付け玉子(100円)。

カウンターに座り、中華そばが運ばれて来るのを待つ。

やってきたのは、魚介系の香りのする東京風のラーメン。

harukiya2

今時ラーメンに800円もと思ったのだが、麺はしっかりしており、スープも美味しく丼の底が見えるまで完食した。

何となく病みつきになるのがわかる気がするラーメンだった。

カテゴリー: 食べ物 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です