新生銀、セブン銀ATM導入

時事ドットコム:新生銀、セブン銀ATM導入=運営費減と利便性向上

新生銀行が自前のATMに換えて、セブン銀行のATMを営業店に設置するとのこと。

元々店舗数の少ない新生銀行の顧客は、従来からセブン銀行のATMを使っていたので、違和感は無い。

むしろ自行以外の口座を持つ人を呼び込もうと言うことだろう。

従来から新生銀行のATMで他行のカードを使うことが出来たが、それを知らない人も多く、また提携先もセブン銀行ほどは広がっていないからだ。

更に今後増加が見込まれる海外からの旅行客にもこのATMを使ってもらおうということのようだ。

セブン銀行は他行のカードで引き下ろしがある都度、他行から手数料を得ることができる。

新生銀行はその内の幾らかを歩合で受け取るのだろう。

メガバンクはメンツもあるので、相変わらず自行のATMを増やすことに躍起であるが、採算割れに違いない。

カテゴリー: 社会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です