千葉でもデング

デング熱、都外で初の感染か 千葉市に住む男性:朝日新聞デジタル

千葉市稲毛区の社会福祉施設に住む60代の男性が、海外渡航歴も東京都内への移動歴も無いのにデング熱に罹っていたということがニュースになっていた。

社会福祉施設とは『稲毛厚銀舎』のような、ホームレス対象の無料低額宿泊所を指すのだろう。

東京のホームレスの間で密かにデング熱が流行しているに違いない。

そして東京から千葉に移って来たデング熱に罹ったホームレスが、施設周辺で蚊に刺され、その蚊が他のホームレスにうつしたのではないかと推測される。

デング熱ならまだしも、もっと恐ろしい病気も同様に伝染する可能性がある。

蚊を駆除するより、ホームレス対策がもっと重要だと思う。

カテゴリー: 社会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です