地名の警告

今回の土砂災害で、とりわけ被害が大きかった広島市安佐南区八木について、元々の地名が『八木蛇落地悪谷(やぎじゃらくじあしだに)」と呼ばれていたことが話題になっている。

【産経抄】地名は警告する 8月27日 – MSN産経ニュース

余りにもイメージが悪いと言う事で、『八木上楽地芦谷(じょうらくじあしや)』と改名され、現在は地名に八木だけが残ったとのこと。

神戸の『芦屋』も水害が多そうだ。

横浜市の新興住宅地である青葉区・都筑区の昔の地名が話題になっている。

川和町:城古場,猫谷,土腐,影谷,地蔵
恩田町:餓鬼塚,供養塚,地獄田
鴨志田町:念仏堂
勝田町:蛇山
新吉田町:裏土腐,神隠,御霊
折本町:蛇谷
東方町:鬼塚,供養塚

本来、無理して住む場所ではなかったのかもしれない。

カテゴリー: 社会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です