シラスウナギ

今日は土用の丑の日。

同僚と鰻重を食べていたときに、ウナギの稚魚であるシラスウナギに話題が及んだ。

果たして、シラスウナギは江ノ島当たりで獲れるシラスと同じものなのかと。

例によってネットで調べたところ、シラスとは、カタクチイワシ・マイワシ・イカナゴ・ウナギ・アユ・ニシンなど、体に色素がなく白い稚魚の総称だとか。

つまり、シラスウナギもシラスと呼ばれるが、イコールではない。

そして、一般にシラスとして食べられているのは、カタクチイワシの稚魚がほとんどだそうだ。

今度シラス丼を食べる時には、よく見てみよう。

カテゴリー: 食べ物 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です