『行人坂の魔物―みずほ銀行とハゲタカ・ファンドに取り憑いた「呪縛」』

久し振りに単行本を最後まで読み切った。

『行人坂の魔物』というタイトルの、目黒雅叙園をめぐるノンフィクションだ。

最近老眼が進み、本を読むのが辛くなったが、この本は昨年秋の出版にもかかわらずKindle版が出ていたので、早速購入して読んでみた。

不動産と金融をテーマとしたものだったので、飽きることなく一気に読みきることができた。

江戸時代以来、この土地に関わった人々は、皆不幸な結末を迎えているというのが少し恐ろしい。

現在ババを惹いているのは、名うてのハゲタカ・ファンドであるローンスターだ。

つい先日も、GICが取得交渉から降りるというニュースが出たばかり。

シンガポールのGIC:目黒雅叙園の取得断念、交渉撤退-関係者 (1) – Bloomberg

是非この本の続編が出ることを期待したい。

カテゴリー: 本・雑誌, 社会 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です