WWDC 2014 キーノート

アップルWWDC 2014 キーノート速報。iOS 8、OS X Yosemite発表 – Engadget Japanese

今年も日本時間午前2時から、AppleのWWDC基調講演が行われた。

話の中身は、専らOS XとiOSのアップデート。

デスクトップ向けのOS Xの愛称は『Yosemite』と、従来からの猫科の動物名から地名に変わった。

デザインはiOSで先取りしていたフラットデザインが採用された。

iCloud Driveを通じた他のMacやiOS機器とのデータの共有が売り。

iPhoneへ掛かってきた電話をMacで受けたりすることもできるようになるらしい。

iOS 8の方は、複数のiOS端末間でのデータの共有機能がより強化されている。

あとは細かなユーザインターフェースの改善。

Healthkitという健康に関する共通のプラットフォームをAppleが提供するようになるので、これまでサードパーティが独自のフォーマットで記録していた体調に関するデータも、これに対応することで処理しやすくなる。

その他アプリの機能も拡充されており、Appleもデスクトップよりモバイル端末に力点を移さざるを得ないのだろうなという感じを強く受けた。

カテゴリー: iPad, iPhone, パソコン・ネット タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です