ハヤシ百貨店

台湾:戦前の「ハヤシ百貨店」特産品販売施設として再生 – 毎日新聞

台湾南部の台南市で、日本統治時代に営業していた『ハヤシ百貨店』が復元され、商業施設『林百貨』として開業したとのこと。

戦後は警察施設などに使われたが、1986年以降は放置されていた建物。

これを台南市が2億7千万円かけて修復し、当時の建物を復元したとのこと。

このビルを現地のファッションビル運営会社が市から借り受け、昭和レトロな商業施設として営業を開始したらしい。

開業にあたっては、和服や学生服姿の若者がパレードしたというから憎いではないか。

韓国ならあり得ないことだ。

カテゴリー: アジア タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です