香港のタクシー

久し振りに香港でタクシーに乗った。

運転手は殆ど爺さんだった。

シンガポールと同じようなつもりで、行き先を英語で伝えてもまず理解してくれない。

Google Mapsで道路や建物の漢字名を調べて普通話で伝えても、なかなか通じない。

広東語で伝えるしかないようだが、高低パターンが9種類もあるので、間違えずにしゃべるのも一苦労。

結局ホテルのメモ用紙に、予め行き先を買いておいて、それを見せるのが一番楽だということがわかった。

note

カーナビを使っているタクシーは全く見なかった。

広東語の地名を入力しようにも、運転手はローマ字入力を勉強したことがないので、無理だろう。

音声入力が必要かもしれない。

カテゴリー: アジア タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です