香港2014

久し振りに出張で香港に来た。

前回来たのは香港返還の時だったので、かれこれ17年振りになるだろうか。

その間、何となく上海が香港の地位を奪い取った様に感じていて、香港に対する憧れが色褪せていた。

レスリー・チャンが突然銀幕から姿を消したことも影響しているかもしれない。

ところが今回香港に来て感じたのは、まだまだ香港も捨てたもんじゃないということ。

何と言っても、中国本土に比べて多様性を認める雰囲気がある。

人々がピリピリしていない感じがする。

そしてちゃんとしたサービスが、リーゾナブルな価格で提供されること。(ホテル代は別だが。)

ホテルのクラブを独り占めしながらこれを書いている。

image

カテゴリー: アジア, 未分類 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です