MtGox民事再生法

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

世界最大のビットコイン交換所である日本のMtGoxが民事再生法適用申請をしたとのこと。

負債総額は、65億強だとか。

元々トレーディングカードの交換所に端を発しており、当時取り扱っていた『マジックザギャザリング』のカードの交換所を意味する『Magic : the Gathering, Online eXchange』からMtGoxと名付けられたとのこと。

その後2010年にビットコインの取引所へと変更し、2011年には、日本在住のアニメ好きのオタクフランス人に経営権が譲渡されていたそうだ。

ハッキングや、ビットコイン泥棒のアタックを受け続けたが、オタクフランス人はソフトウェアの更新を怠り、ハッカー等の格好の餌食になったらしい。

海外ではビットコインを政府の管理対象にした国もあるが、日本がそこら辺りが全く手つかずで、ハッカーの良いようにされたという感が強い。

被害を被った人は、自業自得というしかない。

カテゴリー: 社会, 経済 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です