三菱東京UFJのサイト

三菱東京UFJ銀行のWEBサイトがおどろおどろしい状態になっている。

大昔に流行った、ウィルスを撒き散らしそうなサイトのデザインだ。

なんでも「インターネットバンキングのパスワードなどお客さまの情報を盗み取ろうとする不審な電子メールが、不特定多数のお客さまに送信されています。」ということで、注意喚起をしているらしい。

いわゆるフィッシングサイトへの誘導メールが大量に送られているようだ。

さらに『Rapport』というネットバンキング専用のウィルス対策ソフトのダウンロードをサイトで奨めているのだが、サイトのデザインがこれなので、何となく嘘くさい感じがしてしまうのは、如何なものか。

カテゴリー: パソコン・ネット タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です