大型倒産速報

前職では、帝国データバンクの大型倒産情報をチェックするのが日課だったが、職を辞した後も引き続きRSSを受信することによってウォッチし続けている。

倒産情報はドラマがあり、読んで面白いからだ。

昨日18日は、金沢の老舗旅館『金城樓』の元運営会社の倒産が報じられていた。

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

1890年に創業した『金城樓』は、地元金沢では業歴、規模ともにトップクラスの旅館であったらしい。

バブルの頃には本店を新築改装し、銀座にも店を出した。

銀座店は、予約の取れない店として有名だったが、バブル崩壊とともに客足が途絶え、以降業績が悪化。

本店改装費用が足を引っ張ったため、結婚式需要や通信販売に力を入れたものの、その後は転がるように業績が落ち込み、2010年に新会社を設立して旅館の運営を移し、昨年11月に当社は解散した。

何だか典型的な倒産ドラマを見ているような気がする。

だから大型倒産情報のウォッチは止められないのだ。

カテゴリー: 社会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です