K点

深夜に男子ジャンプノーマルヒルの決勝を見ていた。

葛西選手はメダルには届かなかったものの、彼はラージヒルの方が得意なので、そちらに期待しよう。

ところで、前々から気になっていた『K点』という言葉。

そこを超えると『K点越え』などと言われるのだが、一体どういう意味があるのだろうかとずっと思っていた。

Wikipediaで調べたところ、ジャンプ台の着地斜面の下部に赤い線が引かれており、この位置を境にして着地滑走路の傾斜曲率が変わる地点だという。

昔は、これ以上遠くに飛ぶと危険だということで、『Kritischer Punkt』(英語では『Critical Point』)と呼ばれ、頭文字を取って『K点』と言ったらしい。

ところが、その後滑空技術・着地技術・競技服等が大幅に進歩したことで『K点越え』が普通に出るようになったことから、現在では『Konstruktionspunkt』(英語では『Construction Point』、日本語では『建築基準点』)を指すことにしたそうだ。

長年の疑問がやっと解決した。

カテゴリー: 社会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です