HPプリンタ互換インク(再び)

30年近くHP製のプリンタを使い続けているが、同社のプリンタの難点は、量販店で互換インクを手に入れにくいことだ。

今使っているプリンタ用の4色パックのインクカートリッジは、純正だと4,000円もする。

Amazonで買っても3,054円だ。

ヒューレット・パッカード HP178 4色マルチパック CR281AA

以前Amazon経由で非純正の互換インクを購入したことがあったが、純正であることを証明するICチップを純正のカートリッジから剥がして貼り付けるなどの作業が面倒だった。

HPプリンタ互換インク | 天網快快

今回Amazonで購入した互換インクは、4色で948円だったが、予めICチップが付いている。

純正から移し替えたICチップか、それとも模造したものなのかわからないが、とにかくプリンタにセットして印刷してみた。

プリンタと、Macの画面の両方に、「HP製ではないインクカートリッジがセットされています。」とのメッセージが。

あ、これはダメかと思ったが、プリンタのOKボタンを押すと無事に印刷が始まった。

昔、サードパーティーが互換インクを発売することについて、禁止してはならないという判決か命令が米国で出たように覚えている。

プリンタをタダ同然で売って、インクで儲けるという商法は、ユーザーにとって有り難くない。

カテゴリー: デジモノ タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です