百度の日本語IME

中国の百度・Baidu、日本語変換をネット送信 : サイバー護身術 : セキュリティー : ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

中国の検索大手『百度』が無償で提供するWindows向け日本語IME(変換ソフト)が、変換文字列やPC固有のIDなどを、百度のサーバー向けに送信していたことが話題となっている。

Android向けの日本語IME『Simeji』(元々は日本人が開発したものだが、百度に買収された。)も同様であることが分かっている。

この日本語IMEは、他の無償アプリケーションをインストールした際に、勝手にインストールされることもあるので厄介だ。

インストールする際には、幾つかの情報をサーバーに記録する旨が表示されるらしいが、クラウド入力を初期設定のままオンにしていると、変換文字列やPC固有のID等が記録されるということを読み取るのは難しい。

百度はクラウド入力の初期設定をオフにしたそうだが、既にインストールしてしまった人は注意が必要だ。

似たようなIMEには、Googleのものや、有償ではあるがジャストシステムのものがある。

さすがにそれらは百度のものほど悪質な事はしていないと思われるが、クラウドと連携したサービスの場合、事業者がどれだけ信用できるかということを、よく考える必要があるだろう。

カテゴリー: クラウド タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です