王将の社長撃たれる

外食産業のカリスマ・大東隆行社長 「餃子と言えば王将」定着させる – 政治・社会 – ZAKZAK

今日、佐世保市で出張中に、王将フードサービスの社長が撃たれて亡くなったということを知った。

王将の社員研修はスパルタで知られていたが、結果として利用者に安くて美味しいものを提供してくれていたので、悪い話だとは思っていなかった。

王将は、亡くなった社長の姉の主人が創業した上場会社。

亡くなった大東氏は4人目の社長であるとのこと。

本来であれば創業者の3代目が後を継ぐべきだが、ここ5年程彼は失踪中であると、嫁のウクライナ人が言っている。

殺害の動機は、この辺りに関係ありそうだ。

カテゴリー: 社会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です