自転車が怖い

今朝は天気が良かったので、山手通り沿いの歩道を15分ほど歩いて地下鉄に乗った。

十数年かかった山手通り整備事業が完了し、歩道も綺麗に整備されている。

ところが、歩道が通行しやすくなったおかげで生じている問題もある。

自転車が後ろから前から歩道を我が物顔で走り抜けるのだ。

本来自転車は車道の左端を走るのが原則だ。(国土交通省道路局 | 道の相談室

ところが、歩道の車道寄りの部分にところどころ自転車通行指定部分を設けてしまったものだから、自転車が堂々と歩道に入り込むようになった。

hodou

道交法に従い、おとなしく車道側を徐行してくれれば良いのだが、バス停のある場所では自転車通行指定部分が消滅するので、当たり前のように歩道の真ん中を走り抜けようとする。

自転車通勤をしている人の多くは車道の左端を走っているが、マナーが最悪なのは、子供を後ろに乗せたママさん運転手逹だ。

マンションの出入り口付近でも平気で歩道の一番外側を高速で走り抜ける。

原則通り、歩道からは自転車を排除してほしい。

自転車事故が起こる前に。

カテゴリー: 未分類, 身の回り タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です