岩谷時子氏逝去

作詞家、詩人、翻訳家であった岩谷時子氏が97歳で亡くなった。

宝塚歌劇団で働いていたが、越路吹雪がソロ活動を始めた際に一緒に上京し、彼女のマネージャーとなった。

『愛の賛歌』、『恋のバカンス』、『君といつまでも』等そうそうたるヒットソングの歌詞を書いた方だ。

私が一番多く歌った曲は、沢田研二の『君をのせて』だろうか。

それとも混声合唱とピアノのための組曲『都会』かもしれない。

カテゴリー: 音楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です