給湯器の故障(2)

これから寒くなるのに給湯器が故障したままではどうにもならないということで、修理に来てもらうことにした。

16年前に設置したものだが、10年前に製造を中止しており、部品が揃っていないので修理できるかどうかもわからないとのこと。

マンションにやって来たサービスマンによると、同じマンション内でリモコンの表示が消えるという同様の症状が出た部屋が幾つかあり、修理に来たことがあるそうだ。

大抵は浴室内と台所にあるリモコンの内、浴室内のリモコンが湿気で駄目になっているケースらしい。

ダメになっている方のリモコンとの配線を外すと、何とか使える様になるそうだ。

通路にある給湯器本体を剥き出しにして、片方のリモコンから来ている配線を外して試したところ、やはり浴室内のリモコンが駄目になっていることがわかった。

多少不便だが、風呂に入る前に台所側のリモコンを確認することで、何とか風呂やシャワーが使えるようになった。

ガスターの新しい給湯器YRUF-A2400ATは、工事費込みで30万円以上するとのこと。

リンナイブランドで出しているOEM製品だと、楽天ならリモコン込み、工事費込みで12万円台だ。

これは酷い。

しばらくは、騙し騙しこのままで使うこととしよう。

カテゴリー: 身の回り タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です