相変わらず

時事ドットコム:「認識が甘かった」繰り返す=対応後手、釈明に終始-みずほ銀会見

時事ドットコム:副頭取の放置認める=「認識の甘さ」陳謝-暴力団員融資問題で初めて会見・みずほ銀

みずほ銀行の会見を見る度に、またこの銀行かという思いを強く抱く。

オリコとの提携融資を推進したのは旧DKB系の連中だろう。

報告を受けながら握りつぶしていた副頭取というのも旧DKBの出身で、現在は清和総合建物という第一銀行系の不動産会社の社長に納まっているU氏だとか。

行内では、あれは旧DKBの案件だからと、他派閥は見て見ぬ振りをしていたのかも。

みずほは今でも旧行の所在地で、丸の内出身(興銀)、大手町出身(富士)、内幸町出身(DKB)と、区別しあっているらしい。

二度のシステム障害を経て内幸町派の幹部はパージされ、丸の内派と大手町派が主導権争いを行っていたが、今年6月の役員改選で大手町派は殆ど排除され、大手町派は個人ユニット・リテールバンキング担当副社長と人事グループ長兼内部監査部門長の副社長だけになってしまった。

その二人も今回の事件で詰め腹を切らせられるのだろう。

かくして、みずほは丸の内派で統一。

まあ、顧客にとっては派閥争いが無くなった方が良いのかもしれない。

カテゴリー: 社会, 経済 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です