いつかはやばし

アブラハム処分勧告へ 監視委「投資助言を逸脱」 :主要金融ニュース :マーケット :日本経済新聞

以前から胡散臭い業者だと思っていた「いつかはゆかし」で有名な『アブラハム・プライベートバンク』に、ようやく処分勧告が出るようだ。

アブラハム社は投資助言業の登録しかしていないにもかかわらず、顧客に特定の投資商品の購入を勧め、実質的に金融商品の募集又は私募の取扱いを行っていたと見なされたようだ。

金融商品の募集等を行うためには、商品の種類に応じて第一種金融商品取引業か第二種金融商品取引業の登録が必要だ。

だが、彼らは特定の商品を売り付けているわけではなく、顧客の立場に立って助言だけをしているとの建前であるから、自らが手数料を取って特定商品の募集や販売等も行っているというわけにはいかない。

よって、助言だけをしたことにして特定商品を薦め、その商品の販売会社から海外においてバックマージンをもらっていたという予想通りのことをしていたようだ。

どうしてこんなにインチキ臭い業者にだまされるのか、理解に苦しむ話であるが、広告塔になっていた竹中平蔵氏や、岩田規久男日銀副総裁の罪も免れないのではないか。

カテゴリー: 社会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です