フラットデザイン

iOS 7がフラットデザインを採用した理由、「既存のメタファーでは表現できない時代に」:ITpro

iOS 7にアップデートして、一番初めに気付くのは、純正アプリのアイコンのデザインが以前と変わったことだ。

アイコンだけではなく、アプリを開いた時のデザインも大きく変わった。

例えば、従来はメモ帳のアプリは、本物のメモパッドの様に罫線が入っているデザインだったが、それらが無くなりシンプルな無地の背景となった。

従来のデザインは現物のメタファーを多用したスキューモフィズムという考え方に支配されていたが、それが究極まで行きすぎたということで、全ての虚飾を排して、もう一度シンプルなデザインに立ち戻ろうということらしい。

今更現実に有る物と似せることによって、少しでも素人にiPhone等を馴染みやすくする必要は、もはや無くなったということだ。

「iOS 7」における、デザイン哲学のせめぎ合い « WIRED.jp

とは言うものの、完全にメタファーを廃することは不可能だろう。

また、Appleが急にフラットデザイン風に舵を切ったものだから、サードパーティの中にはまだそれに追い付いていない感がある。

かくして、現時点では何となくアイコン等のデザインに不統一感が感じられるのだ。

カテゴリー: iPhone, iPod タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です