シャングリラ

四川省で発生した地震、3人の死亡確認…救助活動を展開 2013/09/02(月) 09:19:33 [サーチナ]

中国四川省と雲南省の境界付近で大きな地震が続いているという。

8月28日と9月1日の二回にわたり、マグニチュード5クラスの地震が四川省甘孜州栄県と雲南省迪慶州徳欽県、香格里拉県で発生し、1万6千人以上が被災したそうだ。

香格里拉(シャングリラ)という地名は実在したのかと思い、ちょっと調べてみた。

シャングリラ(Shangri-La)とは、英国作家ジェームズ・ヒルトンが1933年に出版した『失われた地平線』に登場する架空の地名だそうだ。

小説の設定ではチベットの道の地域にある理想郷のことらしい。

では、雲南省の香格里拉県は一体何だろうということなのだが、2001年に、雲南省迪慶州の中甸県(ちゅうでんけん)が香格里拉県へと名称を変更したものらしい。

だが、こう地震が頻発するようでは、理想郷とは呼べないな。

カテゴリー: アジア タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です