石頭楼

急に取引先との会食が決まり、個室で美味しいものを食べられる店を予約することになった。

伊藤洋一氏が以前からお薦めの乃木坂の『石頭楼』に行ってみることにした。

ここは乃木坂の住宅街にあるマンションを、一棟借り上げた隠れ家的なお店。

韓国宮廷料理を発祥とし、台湾で流行した火鍋料理を提供してくれる。

まずたっぷりのごま油で豚肉と牛肉を炒め、それを一旦引き上げ、鶏ガラスープを足し、野菜や海老等を放り込み、肉を鍋に戻して煮込む。

それを2種類のタレにつけて食べるというもの。

腐乳という、豆腐に麹を付け塩水中で発酵させた薬味をタレに少し入れるとまた美味しい。

夏こそ火鍋。

様々な具のエキスが溶け込んだスープで作った締めの麺も美味しかった。

ごま油の香りが身体に残るが、意外とあっさりしていて、また食べに行きたくなる味だった。

カテゴリー: 食べ物 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です