日航機墜落28年

日航機墜落28年 御巣鷹に遺族ら姿 群馬 – MSN産経ニュース

今年もこの日がやってきた。

JAL123便が御巣鷹の峰に墜落してから昨日で28年を迎えた。

交通機関による大事故は他にもあるけれど、この日航機の事故だけは忘れられない。

ちょうどお盆の時期と重なっているということも、その理由の一つだろう。

YouTubeに、飛行跡略図にボイスレコーダーの音声を重ねたものが上がっている。

これを見ると、故意か偶然か、日航機は制御不能になりながらも、ぐるりと輪を描いて元の所に戻って来ようととしていたのがわかる。

カテゴリー: 未分類, 社会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です