igHome

Googleの個人用ポータルサイトサービス『iGoogle』が11月1日で終了する。

メールやスケジュール、天気予報やニュースなどを一つの画面でチェックすることができ、本当に便利なサービスなのだが、Googleにとっては儲からないサービスの一つだったのだろう。

ネット上で、iGoogleの後継サービスとして本命視されているのは、『netvibes』というサービスだ。

ただAjaxで作られたこのサイトは、表示にとても時間がかかるので、正直言って使いたくない。

もっと良いサービスはないかと、英語で検索していたところ、『igHome』というサービスを発見した。

今年の7月からサービスを提供しているらしい。

日本語のページもGadgetとして登録することができる。

ただし、Gadgetのタイトルは日本語だと文字化けするので、アルファベットに直す必要がある。

これまでiGoogleに登録していた、GmailやGoogleカレンダー、Googleニュース、はてなブックマーク等もすべてigHome上で表示することができた。

igHome

ピンポイント天気予報については、移植することができなかったので、とりあえずデフォルトのGadgetを登録している。

iGoogleの代替サービスはigHomeで決まりだ。

カテゴリー: パソコン・ネット タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です