『立候補』(2)

ということで、東中野駅前の劇場で、映画『立候補』を見てきた。

マスコミの報道の影響もあったのか、劇場は超満員で立ち見が出るほどだった。

一昨年の大阪府知事選挙をめぐるマック赤坂氏ほかの泡沫候補に焦点を当てたドキュメンタリー映画だ。

やらせも演出もないのに、彼らの姿を撮しているだけで、コメディになる。

糞真面目に立候補しているそれら候補者に対して、選挙管理委員会や警察官などが右往左往している姿が笑いを誘う。

クライマックスは、それまで父親の選挙活動に懐疑的であったマック赤坂氏の息子が、自民党のサポーター達にぶち切れるところだ。

「(オヤジは)一人で戦っているんだ。お前らは一体何だ。堂々と自民党候補者の応援演説をすればいいじゃないか。」というくだりは、感動的でさえある。

100分の映画だが、ずっと笑いっぱなし、泣きっぱなしであった。

国際的な映画コンクールに出品すれば、絶対に受賞間違い無しの作品ではなかろうか。

さて明日は選挙。どの候補者に投票しようか。

カテゴリー: 映画・テレビ タグ: パーマリンク

『立候補』(2) への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 東中野 | 天網快快

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です