高さ1609mの高層ビル

サウジアラビア王子が1609mの世界最高層ビルを建設 建設地候補には上海も_経済Now_クローズアップ_InsightChina

シティグループや、アップルコンピュータなどに救いの手をさしのべ、自らも投資に成功し、『アラビアのバフェット』とも呼ばれているサウジアラビアのアル=ワリード・ビン・タラール王子が、高さ1609mの超高層ビルの建設を計画しているとのこと。

建設地は未だ未定らしい。

これが完成すると、現在世界で一番高いドバイのブルジュ・ハリーファ(828メートル)や、自らがサウジアラビアで建設中のキングダム・タワー(1000m)を優に超えて、世界最高のビルとなる。

1.6kmもあるビルなんて、雲の上まで突き抜けるのではなかろうか。

カテゴリー: 社会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です