毒ピータン

中華料理店では、とりあえずということでピータンを前菜として頼むことがある。

あひるの卵を強いアルカリ性の条件で熟成させることにより、独特のうま味を持つ食品に変化させたものだ。

ところが、中国の江西省南昌県で、早期熟成のために工業用硫酸銅を使用した疑いが強まり、30社が生産停止命令を受けたとのこと。

「毒ピータン」30社生産停止=熟成に工業用硫酸銅―中国 (時事通信) – Yahoo!ニュース

日本にも出回っていないとも限らない。

あの深緑色は銅だったの?

カテゴリー: 未分類, 身の回り タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です