Amazonマーケットプレイス

家族がいらなくなった受験参考書を処分したいというので、Amazonのマーケットプレイスを利用することにした。

BOOKOFFに持って行くと、二束三文にしかならないからだ。

Amazonのマーケットプレイスに参考書を在庫として登録すると、1日も経たない内に全国から買い手がつく。

翌朝その購入通知を確認して、その本を袋に入れて通勤する。

昼休みにプチプチシートでその本をくるんで封筒に入れてヤマト運輸や郵便局に持って行く。

分厚さが2cm以内だとヤマト運輸のメール便(180円)で送れるが、それを超えると日本郵政のゆうメールとなる。

買い手からは250円の送料をもらっているだけなので、できるだけ送料は抑えたい。

BOOKOFFで安く仕入れて、Amazonで高く売って生計を立てるという『せどり』を商売にしている人がいるらしいが、梱包や発送の作業を自分でするとなったら大変だ。

カテゴリー: 身の回り タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です