年金事務所

日本年金機構の年金事務所に行ってきた。

nenkin

年金をもらうのはまだ先の話だが、ちょっと困ったことになっていたので、相談するために行ったのである。

数年前に家族の者が少しだけ働いた時に、健康保険と厚生年金を自分で払っていたようなのだ。

その仕事を辞めた時、特に何の手続きもしていなかった。

ところがその様な場合、家族は国民年金の掛け金が一定期間未納状態となっていたことが分かったのである。

将来満額の年金をもらうためには、月額14千円程度の掛け金を遡って払う必要があるとのこと。

本来であれば、仕事を辞めたときに改めて私の被扶養者となる届出をすべきだったのだ。

そうすれば、国民年金の第3号加入者となり、別途掛け金を払う必要はない。

以前は2年までしか遡って届け出ることができなかったそうだが、現在はずっと昔まで遡ることができるようになったそうだ。

専業主婦の届出忘れ救済

ということで、届出の用紙をもらって帰ってきた。

配偶者が短期の仕事を繰り返していたような人は、一度年金記録を見直した方がよいかもしれない。

カテゴリー: 身の回り タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です