みどりの日

5月4日が『みどりの日』と呼ばれるようになったのは2007年以降のことだから、今年が7回目である。

3日と5日の間が必ず休みになるのは有り難いが、一体何の日か釈然としない。

祝日法によれば、「自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」ことが趣旨だそうだ。

そもそも『みどりの日』は、昭和天皇崩御の後、1989年から2006年までは、昭和天皇の誕生日である4月29日のことだった。

ゴールデンウィークの一角であった4月29日を平日にすると、国民生活への影響が懸念されるということで作られた祝日で、元々よくわからない祝日だ。

小渕官房長官の私的諮問機関が、昭和天皇は植物に造詣が深かったということで、『みどりの日』と命名したらしい。

その後2005年の祝日法改正により、『みどりの日』が5月4日に移動した。

この日は、有料の国公立公園が無料で開放されるそうだ。

私は外に出掛けず、窓から公園の緑を眺めて過ごそう。

midori

カテゴリー: 身の回り タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です