憲法記念日

本日は66回目の憲法記念日である。

祝日法によれば「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する」のが憲法記念日の趣旨であるとのこと。

国の成長に応じて、特に国際社会における日本の立場や役割の変化に応じて、相応しい憲法を考え直す日でもある。

各新聞の社説を読み比べるのも面白い。

朝日新聞「憲法を考える―変えていいこと、ならぬこと (2013年5月3日)
読売新聞「憲法記念日 改正論議の高まり生かしたい (2013年5月3日)
毎日新聞「社説:憲法と改憲手続き 96条の改正に反対する (2013年05月03日)
日経新聞「改憲論議で忘れてはならないもの (2013/5/3)
産経新聞「統治機構と憲法 間接選挙で参院再生を「地域主権」は国の統一そぐ (2013/05/03)
東京新聞「憲法を考える 歴史がつなぐ知恵の鎖 (2013年5月3日)

どの新聞が、国民の意識とズレてしまっているのかを見定める良い機会でもある。

カテゴリー: 社会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です