春暁

『春暁』 孟浩然

春眠不覺曉
處處聞啼鳥
夜来風雨聲
花落知多少

春は気持ちよいので日が昇ったのも知らずに眠っていた
目が覚めるとあちらこちらから鳥のさえずりが聞こえている
ゆうべは風雨であったが、
どれだけの花が落ちてしまったのであろうか(Wikipedia)

まさに今日のことを詠んだ五言絶句ではあるまいか。

カテゴリー: 身の回り タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です