機内での電子書籍

久々に国内を航空機で移動して、気が付いたこと一つ。

機内では多くの乗客が文庫本を読んで時間潰しをしていた。

電子書籍を読んでいる人はいないかと見回したが、誰もいなかった。

かく言う私もiPad miniを携帯していたのだが、電源を入れ辛かった。

なぜなら離着陸の際には電子機器の電源をお切り下さいというアナウンスがしつこかったからである。

安定飛行中は、電波のやり取りをしないフライトモードにするなら電源を入れても良いのだが、その時間は短かく、また何と無くはばかられる雰囲気があった。

JAL国内線 – 機内での電子機器類の使用に関するご注意

先日、機内でのスマホやタブレット使用を米連邦航空局が検討に乗り出すとのニュースが流れた。

今年の夏には作業部会から報告書が出るとのこと。

制限が緩和されれば、機内で電子書籍を読む人の姿が増えるに違いない。

カテゴリー: iPad, Kindle タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です