イノシシの語源

昨日ひょんなことから猪(イノシシ)の語源が気になったので調べてみた。

昔は『ゐのしし』と書いたそうで、『ゐ』の発音は『i』ではなく『wi』であった。

干支の『亥(ゐ)』と同じ発音だ。

『しし』とは元々『肉』という意味だったが、転じて『食用動物』を指すようになったらしい。

つまり、『ウィー、ウィーと鳴く食用動物』のことを『ゐのしし』と呼んだそうだ。

ちなみに学名ではイノシシを家畜化したブタとともに『ウシ目イノシシ科』だとか。

ウシは『ウシ目』ではなく、『ウシ亜目ウシ科』らしい。

カテゴリー: 身の回り タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です