京阪テレビカー

朝日新聞デジタル:さよなら京阪テレビカー 誕生から59年、携帯普及で – 社会

京都と大阪を結ぶ京阪電鉄が、誕生から59年を迎えるテレビカーを廃止するという。

子供の頃、私は大の阪急電鉄ファンで、鉄道模型なども製作していたが、京都ー大阪間を並行して走る京阪電鉄のテレビカーはちょっと羨ましかった。(わざわざ京阪の模型車両に、小さなテレビのような物をくっつけている人もいた。)

携帯電話の普及で、テレビを搭載する必要がなくなったというのが理由らしい。

だが、山手線の電車には、テレビ放送は映らないものの、情報番組やCMを流す液晶ディスプレイが活躍しているし、新幹線には共同ニュースなどの文字情報を流すディスプレイが付いている。

液晶ディスプレイを撤去せずに、そのような使い方をしてみても良かったのではないかと思う。

カテゴリー: 社会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です