フジテレビの凋落

フジテレビの凋落が止まらない ネットでは「俺たちの大勝利」 : J-CASTニュース

このところ、フジテレビの視聴率凋落が止まらないと、ずっと言われている。

韓流ゴリ押しが原因だとの意見に頷けるところもあるが、昨日ジムのマシンでトレーニングをしながらTVを見ていた時に気が付いたことがあった。

トレーニングしながらTVを見る場合、まずNHKを付ける。そして教育TV、日本TV、TBS、TV朝日と、チャンネルの若い順番にザッピングして行き、時間をつぶせそうな番組があったら、そのまま見続ける。

昔はフジテレビより若い番号のチャンネルは、4つしかなく、後ろに2つあった。

ところが2011年7月の地デジ全面移行以後、フジテレビの前には6つあり、フジテレビの後ろには何もなくなってしまった。

大体、4、5、6チャンネルのいずれかで面白そうな番組があったらそこで止まってしまい、それ以上チャンネルを上げていくことがほとんどなくなった。

番組の内容以前に、地デジ全面移行でフジテレビの8チャンネルがテレビ番組表の一番右に移動してしまったことが、凋落の原因だと思う。

割りを食ったのはフジTVで、棚ぼたはTV朝日だ。

カテゴリー: 映画・テレビ, 身の回り タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です