渋谷公会堂建替

渋谷公会堂を建て替え 区庁舎と同時検討  :日本経済新聞

毎日見慣れた渋谷公会堂が、建て替えられることになったとのこと。

同公会堂は区庁舎と共にオリンピックが開かれた1964年に完成し、老朽化が著しく、特に区庁舎は震度6強の地震で倒壊する危険性が高いことが分かったからだそうだ。

渋谷公会堂は、私の成人式でも利用した思い出深い建物。

一時的にサントリーに命名権を売却して『渋谷C.C.ホール』などと称されていたが、再び元の名前に戻っている。

建て替えにあたっては、一部の土地に定期借地権を設定し、マンションかオフィスを建ててもらい建て替え費用の一部に充てるとのこと。

だが、震度6強の地震で倒壊するおそれがあるというのに、2015年着工なんていうノンビリとしたスケジュールで良いのだろうか。

カテゴリー: 身の回り タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です