ネットワークリモコン『Pluto』

現役大学生ら3人が開発した、「普通の家電」をスマート家電にするデバイス『Pluto』がすごい【連載:NEOジェネ!】 – エンジニアtype

現役東大生らが、普通の家電をスマホからコントロールすることのできるスマート家電にするデバイスを開発し、販売することになったとのニュース。

これまで、パナソニックなどが自宅外からスマホを使って遠隔操作ができるエアコンを開発していたが、電気用品安全法という古い法律の関係で、電源を入れる機能はあえて外していた。

この度ようやく経済産業省が、その規制を緩和する方針を固めたとのニュースが先日出ていた。

外出中にスマホで家電操作 経産省が規制緩和へ 今春改正、成長戦略に弾み – MSN産経ニュース

この東大生達は、以前から家庭のネットワークに繋いで使える汎用赤外線リモコンを開発済みで個人的に使用していたが、規制緩和のお陰で堂々と製品化できるようになったようだ。

汎用なので、赤外線リモコンを使う家電なら基本的に対応できそうだ。

だが、彼らは特許等を出願済みなのだろうか。

すぐにバッファローやアイ・オー・データなどが、もっと安価な製品を出してくるような気がするのだが。

カテゴリー: デジモノ タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です