Twitterから情報流失

一昨日Twitterから、「パスワードをお忘れですか?」というメールが届いた。

誰かが私のアカウントのパスワードをリセットしようとしたらしい。

こういうことはよくあることなのでそのままにしたが、昨日朝起きたらこんな記事が新聞に載っていた。

ツイッターにハッカー攻撃 25万人の情報流出の恐れ  :日本経済新聞

おお、そんなことになっているのかと思いながらメールボックスを覗くと、Twitterからパスワードを強制的にリセットした旨のメールが届いていた。

reset

どうやら情報をハックされた25万人の中に入ってしまったようだ。

6億を超えるアカウントの中からどうして私のアカウントが選ばれてしまったのだろう。

Twitterが始まった最も初期の頃にアカウント登録をしたからかもしれない。

Twitterの公式ブログによれば、ユーザー名、メールアドレス、セッションIDや暗号化されたパスワードなど、約25万人のユーザー情報にアクセスされた可能性があるとのこと。

「パスワードの使い回しは情報へのアクセスの可能性を大きくしますので、他のサービスとは同じパスワードを利用されないことをお勧めします。」とも書いてあるが、それぞれのサービス毎に異なるパスワードを設定しそれを覚えておくのは、現実的には難しい。

カテゴリー: パソコン・ネット タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です