アップルが六本木へ移転

米アップル、4月にも日本法人を六本木ヒルズへ移転計画-関係者 (1) – Bloomberg

アップルジャパンが、東京オペラシティから六本木ヒルズに移転するとのこと。

ヒルズにはゴールドマンやバークレーの他に、Google、Lenovo、GREEなどのIT関連企業が入っており、そこに仲間入りするわけだ。

同社は、1983年にアップルコンピュータジャパン(株)の名で設立され、オフィスは赤坂のツインタワービルに置かれた。

その後、1988年に六本木に本社を移し、1992年に社名をアップルコンピュータ(株)に変更、同年本社を千駄ヶ谷に移転した。

1996年8月に完成したオペラシティに移転してきたのが同年11月とのことなので、アップルはずっとオペラシティのキーテナントであった。

opera-city

六本木に移転してしまうと、初台が何となく寂しくなるような気がしないでもない。

カテゴリー: 社会, 身の回り タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です