おやすみモード

iOSには様々なアプリからの通知を画面上に表示できる『通知センター』という機能がある。

便利ではあるが、iPhoneを枕元に置いて寝ている時に色々と通知してくると、ブルブルと煩わしいし、何かとトラブルの種になったりする。

そのため『おやすみモード』というものが設けられており、一定の時間内は通知しないように設定することができる。

私も夜23時から朝7時までの間は『おやすみモード』に設定している。

『おやすみモード』中は、iPhoneのステータスバーに三日月のマークが現れる。

ところが今年の1月1日以降、設定した時刻を過ぎても『おやすみモード』が自動的に解除されないというバグが出ているらしい。

donotdisturb

あれれどうした?寝正月用にAppleが勝手に設定を変更したのか?

調べてみると、どうやらiOSの不具合らしい。

1月7日になると自動的に直るようなのだが、それまでは手動でOFF、ONして欲しいとのこと。

ジョブズがいなくなってAppleの従業員はちょっとたるんでいるのかも。

カテゴリー: iPad, iPhone, iPod タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です