新橋 四川料理『沸騰漁府』

大学時代の仲間と新橋の中華料理店『沸騰漁府』で忘年会。

私の中国人の友人二人(二人は互いには知らない)が、この店の常連であることから、一度行ってみようと思っていた。

まずは『魚の激辛沸騰旨煮』。

唐辛子をこれでもかと加えた熱く煮えたぎる油で、白身魚とモヤシを煮込んだもの。辛いがうまい。

次は『海老の旨辛炒め』。

パッとみると海老がどこにあるかわからないが、唐辛子の下に串刺しの大きな海老が並んでいる。

大きな唐辛子はそれ程辛くない。唐辛子と一緒に揚げたピーナッツがアクセント。

お次は『よだれ鶏』。

辛いのだが、ちょっとホッとする味。

その次は『牛肉の水煮』。

水煮といっても、唐辛子で煮込んである。

最後に『キノコの汁無し鍋』。

辛いと言うより、山椒で痺れる感じ(麻の味)。

これにはちょっと参った。

このお店、都内に住む中国人客で一杯。

また誰か友人を連れて食べに行きたいと思った。

カテゴリー: 食べ物 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です