『ウェブで政治を動かす!』津田 大介 著

今話題の新刊『ウェブで政治を動かす!』をKindleストアから購入して、iPad miniで読んでいる。

まさにタイムリーな本だ。

書評については沢山の人がSNSでつぶやいているのでそちらに譲りたい。

Kindleストアの有料書籍のランキングでは今日現在7位に着けている。

いずれ1位の『池上彰のお金の学校』を抜くことは間違いないであろう。

面白いのはこの両者とも朝日新聞出版の朝日新書であるということ。

池上氏の本は紙の本だと798円のところがKindle版では250円、津田氏の本は861円が500円とお安くなっている点がランキング上位になっている理由の一つであろう。

置き場所に困らないので、この調子だとドンドンKindle版の本を買ってしまいそうだが、手元に残す必要がないと思う本は誰かに有料でトランスファーできるしくみがあれば良いと思った。

Kindle版の本は、面白いと感じたセンテンスをハイライトして、そのままコメントを付けてTwitterやFacebookにつぶやくことができる。

それを読んだ人がまたKindleストアからその本を購入することもあるだろうから、とても良い宣伝になる。

売上を伸ばしたい出版社は、Kindleストアでは躊躇せずにディスカウントするべきだろう。

カテゴリー: Kindle, 本・雑誌 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です