ヒカリエ族

昨日の朝、渋谷のヒカリエに移転したNHN Japanのオフィスの様子をテレビで放送していた。

同社は韓国のハンゲームの日本法人で、NaverやLINEなどのサービスを提供しており、livedoorを買収したことでも有名だ。

山の手地域を一望(睥睨)できる新しいビルに入居したそのオフィスは、明るい食堂やリラックスルームを備えるなど、まるでGoogleのオフィスを思わせる。

六本木ヒルズのGoogleやGREEに対抗するかのように、このヒカリエにはDeNAも先に入居しており、『ヒカリエ族』を形成している。

ヒカリエに入っていますと言えば聞こえが良く、取引先のウケも良くなり、優秀な人材も集められると考えるからであろう。

結局これらのビルに入りたいとか、入る余裕のある企業は、その時最も旬のキャッシュリッチな企業に限られる。

一方でそういうテナントは移ろいやすい企業でもある。

いつかまた「ヒカリエ族っていたよね」と言われることになるかもしれない。

カテゴリー: 社会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です