IDEOS

オークションを使って中国華為技術(Huawei)のSIMフリー版Androidフォン『IDEOS』を数千円で調達した。

ideos-1.jpg

IDEOSは、安価なAndroidフォンとして世界中で販売されている。

日本では日本通信がb-mobile用に販売しており、当初26,800円、現在は200日利用可能なb-mobileSIM U300付きで19,800円で販売されている。

おそらくSIMだけ欲しかった人が端末だけ手放したのだろう。

先日、SoftBankのiPhone家族無料キャンペーンで、iPhone 4から4Sに機種変更し、iPhone 4を家族用に回したことはここでも書いたが、iPhone 4は完璧に壊れてしまっているので使えない。

私がSIMフリー版のiPhone 5を調達できるであろう10月までの間、家族がSoftBankの黒micro-SIMでも利用できる端末として、IDEOSを購入したのだ。

Windows Phoneの『Kaiser』は手元にあるものの、さすがに使いづらい。

IDEOSは世界中どこに持って行っても現地のSIMが使えるし、テザリングでモバイルWiFi端末としても使える便利な端末。

黒の電池カバーの他に、ピンク、ブルー、イエローの着せ替えカバーも付属している。

ideos-2.jpg

初めてのAndroidフォンの設定で少し戸惑った。

3Gのデータ通信は行わせたくないので、APNの設定はあえてしていない。

カテゴリー: デジモノ タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です